【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

ブログの作り方

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

あいざわ
こんにちは、あいざわです。

2012年からブログを始め9年目になります。

ブログを見て毎年200人ほどの新規のお客様にご来店頂いてます。

当店のブログはこちら

☆今日のテーマは、

正しいブログの運営方法

困った人
ブログってどうやって運営して行けばいいの?

ブログを始めてみたけどどうやって運営していけばいいのか不安ですよね…。

ただ記事を書いて行くだけでいのかな?

今日はそんなお悩みにお答えします。

正しいブログの運営方法は、PDCAを徹底して繰り返します!

PDCAって簡単に言うけどどうやってやるのか?

この記事では実際にボクが行っているブログの運営方法について解説させて頂きます。

あいざわ
ブログの運営方法がわからない方には参考になると思います。

よろしかったらご覧ください。

*まだブログを開設していない方はこちらからご覧ください。

正しいブログの運営方法とは?

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

PDCAを徹底する!

まずはPDCAとは一体何なのか説明させて頂きます。

まずはPDCAが何を意味するのか下記の表をご覧ください。

  • Plan・・・計画
  • Do・・・ 行動
  • Check・・確認
  • Action・・改善

この動きを繰り返して行くものです。

簡単に言えば物事を計画し行動し、その結果を見て悪いところを改善する。

至って当たり前の行動になります。

ブログもただ記事を書くだけではなくしっかり分析して改善していきます。

これを徹底的に繰り返すことで専門性の高いサイトに育てていくんです!

実際の手順

では実際に手順を見ていきましょう。

まずはPDCAの項目ごとに分けて考えます。

【P】サイト設計

まずはサイト設計です。

ここで重要なのは記事を書く前に何を書くのか決めておくこと。

つまり書く前にブログは完成していなくてはいけません。

コツはひとつのカテゴリーに特化し構築していきます。

その理由は絞り込む事でそのジャンルで専門性を高めるためです。

例えば染み抜きに特化したカテゴリーを作ります。

染み抜き全般を網羅した記事を中心に事例ごとのまとめ記事に繋げていきます。

事例まとめ記事は黄ばみ、食べこぼし、インクなど大まかに分類します。

そこからさらに細かく事例を紹介した事例記事に繋げていきます。

例えば食べこぼしならカレーや赤ワインなど。

インクならボールペンや蛍光ペンなどです。

【D】執筆

サイト設計がある程度整った状態から記事を書く作業に入ります。

おおよその構成は下記の通り。

  • 1カテゴリー30~50記事程度
  • 5つくらいに分類
  • 1記事1,000文字程度
  • 構成は定型通り

何処から書いて行くのかは人それぞれで良いと思います。

事例記事から書く方が作業的には楽です。

個人的にはメイン記事から書いています。

【C】分析する

ある程度記事が書けたら次はチェックに入ります。

チェック方法は大まかに分けて次の3つ。

  • 検索順位測定
  • PV数把握
  • 読まれている記事の把握

ではそれぞれ見ていきましょう!

検索順位測定

検索順位測定は狙ったキーワードでどの位置にいるかを毎日確認します。

これは検索順位測定ツールを使用します。

windowsならGRC、MacならRankTrackerをお勧めしています。

GRCに関しては記事にしてありますので詳しくはこちらをご覧ください。

PV数把握

PV数、つまりどのくらいのページを見てもらったかも毎日チェックします。

ブログ立ち上げ当初はそもそも検索には載りませんので必要ありません。

10記事、もしくはブログ開設から1か月後で良いと思います。

SNSを併用している場合なら最初からチェックしましょう。

読まれている記事の把握

最後に実際に読まれている記事を把握します。

実はここが一番重要で、読まれている記事が何なのかをしっかり知っておきます。

理由は何等かの理由で検索されているからです。

自分が意図した検索キーワードでは上位に入らないものの想定外のキーワードで上位に入っている事もあるんです。

Googleサーチコンソールを使えばどのキーワードで検索されたのかわかります。

ブログを書き進めて行くとわかると思いますが、必ず数記事のアクセスだけが突出する現象になります。

伸びている記事を分析する事で他の記事のリライトにも役立ちます。

【A】改善する

チェックしたら改善に取り掛かります。

改善すべき点は主に下記通りです。

  • タイトル
  • 内容
  • 内部リンク

ではそれぞれ見ていきましょう!

タイトル

タイトルはSEO対策にも重要な要素です。

執筆当初はこれで良しとしても数か月すれば当然技量が上がってきます。

そこでもう一度見直す事で思わぬ失策を発見することもあるんです。

内容

内容に関してもちゃんと定型に当てはまっているか確認しましょう。

定型に収まっていれば読者も読みやすいはずです。

意外にズレている事があります。

内部リンク

内部リンクは正しく関連した記事にしているか?

これも確認しましょう。

記事を書いた際に忘れている事も多々あります。

早い段階からしっかりと構築していくのがコツです!

PDCAからCACAへ!

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

PDCAと言うよりはCACAです。

PDの段階は初期の頃に一通り終わってしまいます。

サイト設計に記された記事を書いてしまえば終わってしまうからです。

この先はチェックして修正する事を定期的にに繰り返すだけになります。

例えば3ヵ月周期くらいでもよいかと。

もちろん不足していると思った記事は書き足して行く必要があり、その際はサイト設計に一度戻る必要があります。

書きっぱなしはダメ!

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

ブログを書いたら書きっぱなしではいけません。

ブログは日記として認知されていますが、クリーニング店のブログは日記ではありません。

ブログには人それぞれ考え方があります。

検索に対して有効化するのか?

それともSNSで人間関係に重きを置くのか?

個人的な見解ですが、専門性の高いサイトとして構築する必要があります。

そのためにも常に正しい情報を書き加える必要があります。

例えば赤ワインの染み抜き事例記事があったとします。

数か月前に1事例アップしてあります。

この記事に同じ赤ワインの染み抜き事例を加えるのも手です。

すると読者は1記事で2事例を見ることが出来て間違いないと確信する訳です。

1事例よりも2事例。

2事例よりも3事例です。

あまり多すぎるのも問題がありますが適度に事例を増やして読者の皆さんに納得してもらう工夫が必要です。

ちなみに同じ赤ワイン事例を2記事に分けてしまうとカニバリが起こります。

カニバリとはカニバリゼーションの略で、日本語にすれば共食いです。

簡単に言えば同じサイトの記事通しがGoogleの評価を分散させてしまう現象なんです。

このことについて詳しい事はわかりませんが、同じ内容は1記事にギュッと詰め込みましょう。

PDCAを徹底してブログ運営しよう!

【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

PDCAを徹底すれば良いブログが出来上がります!

良いブログは検索エンジンにも読者にも良いはずです。

そのためには日々適切に改善していく必要があります。

PDCAサイクルを上手に使う事で労力も減らす事が出来ます。

むやみやたらに行動するよりもやるべき事が見えてますから無駄がありません。

行き当たりばったりではただただ労力が増えるだけです。

効率よくブログ運営するためにもPDCAを徹底しましょう!

まとめ:【重要】正しいブログの運営方法とは?【PDCAを徹底する!】

正しいブログ運営はPDCAを徹底的に繰り返しましょう!

PDCAとは計画し行動しチェックし改善することを繰り返し行う事です。

これを行う事でブログを育てていく事が出来ます。

サイト設計は1カテゴリー30~50記事を目標に構築します。

チェックするのは、

  • 検索順位
  • PV数
  • 読まれている記事

改善するのは、

  • タイトル
  • 内容
  • 内部リンク

ブログを書きっぱなしにすると見落としている事も多くないり、サイトとしては不足している状態になりかねません。

ブログ運営はPDCAサイクルを回してより良いものに育てていきましょう!


このブログではクリーニング店向けにブログの運営方法を紹介しています。

詳しくはこちらをご覧ください!

こちらもCHECK

no image
クリーニング店のためのサイト運営

あいざわこんにちは、あいざわです。 2012年からブログを始めて今年で9年。 ブログを見て年間200人ほど新規のお客様が来店くださっています。 このサイトではクリーニング業界の現状からサイト作りの重要 ...

続きを見る

-ブログの作り方

© 2021 クリーニング屋のサイト運営 Powered by AFFINGER5